V系ファッション

V系ファッションの由来

ヴィジュアル系ファッション特徴

ヴィジュアル系ファッションは、もともと日本のロックバンドのXJAPANが発端と言われています。それ以降も様々なロックバンドやパンクバンドが誕生し、彼らや真似をしたファンたちによって発展していきました。特徴は濃いメイクや細身のシルエット、赤や黒を基調とした色使い。髪型は長めで、それにボリュームを加え黒、または派手なカラーで染め上げています。バンドや、メンバーによって違いが出てきます。また、アクセサリーはシルバーアクセサリーや鋲の着いたハードなものが好まれ、靴も編み上げブーツや厚底のものを履くことが多いようです。ヴィジュアル系ファッションは、一つのパターンの枠に収まらず、現在も様々な方向に発展し続けています。

ヴィジュアル系の特徴

ヴィジュアル系ファッションとは日本特有であるヴィジュアル系と呼ばれる濃いメイクや斬新な髪型などが特徴のロックミュージシャンやそのファンたちがする服装のことを指します。1990年代の後半からXJAPANが発端と言われています。海外のメタルバンドの影響も濃く、光沢のあるエナメル素材の黒を基調としたファッションを好みます。コアなファンたちに支えられ現在でも人気を保っています。特徴としてはダメージ加工や細みな人向けのシルエットでロックティストやゴシックを取り入れています。アクセサリーに十字架を合わせる事も多いようです。パンクよりにアレンジしている人もみられます。

ファッションのための情報

新着情報

↑PAGE TOP